練習課題:平均点を求める

 ここまでの知識を使って、ひとつ練習課題をやってみましょう。以前から何度か平均点というお話をしてきましたが、実際に平均点を求めるプログラムを書く課題にチャレンジしてみて下さい。一次元配列を使えば大丈夫です。

 課題:平均点を求めるプログラムを書いて下さい。5人の点数を入れる配列、合計および平均点を入れる変数を用意します。5人の平均点はそれぞれ「75点、80点、65点、60点、70点」とします。最後に平均点をprintf関数で表示します。

 以下に、プログラムの一例を載せます。

#include <stdio.h>

int main(int argc, const char * argv[])
{
    
    // insert code here...
    int score[5];       // 5人の点数を入れる配列
    int sum;            // 合計点
    int average;        // 平均点
    
    // 各点数を入れる
    score[0] = 75;
    score[1] = 80;
    score[2] = 65;
    score[3] = 60;
    score[4] = 70;
    
    // 各点数を全て足して合計点を求める
    sum = score[0] + score[1] + score[2] + score[3] + score[4];
    
    // 平均点を求める
    average = sum / 5;
    
    // 平均点を表示する
    printf("平均点は%d点です。", average);
    
    return 0;
}

 このプログラムは、以下のように表示されます。

平均点は70点です。

 あくまで一例ですので、これ以外が正解にならないわけではないです。きちんと「70」と表示されれば良いのです。どうでしたでしょうか。今後も、ちょくちょくと課題を出したいと思っております。自分で考えて、プログラムを作る機会を作ることで、より楽しくプログラミングが出来るようになるでしょう。

 ちなみに、現時点でお伝えした知識で書ける一例が上記のプログラムですが、もう少し色々な知識を学べば、より楽な書き方ができるようになります。後の記事では、このプログラムの改良版を作ってみましょうという練習課題も用意する予定です。

■スポンサーリンク

このページの先頭へ