ヘッダファイルとinclude文

 C言語には便利な命令が、たくさん搭載されています。これからしばらくは、その便利な命令の数々について、重要な命令をピックアップして解説していく予定です。

 しかし、特定の記述を行わないと、その便利な命令の数々が利用できないようになっています。今回は、そのあたりの解説を行います。

 例えば、こちらのようなプログラム。このC言語講座の最初にご紹介した、単に「Hello, World!」と表示するプログラムです。

#include <stdio.h>

int main(int argc, const char * argv[])
{
 
    // insert code here...
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

 今回、注目していただきたいのが、

#include <stdio.h>

 この「include」の表記と、

printf("Hello, World!\n");

 printf関数。このprintf関数を利用するためには、stdio.h(standard input/output:標準入出力)のファイルをプログラムにインクルードする(和訳すると、含める)必要があります。この「.h」という拡張子のファイルをヘッダファイルと呼び、ヘッダファイルをインクルードするための命令がinclude文です。

 どうして、C言語では、このように標準命令でも、専用のヘッダファイルをinclude文でインクルードする必要があるのでしょうか。恐らく、プログラムの実行上、不要な命令を多く含んだ状態ではプログラムのファイルサイズが大きくなってしまうからだと思われます。ビット演算などと同様、昔のような貧弱なパソコンでも動作するようにする工夫のひとつでしょう。少々面倒かもしれませんが、上位言語のC++やObjective-Cでも、同様の仕様を採用しているので、あまり深いことは考えず、「そういうものか」と理解した方が良いでしょう。

■スポンサーリンク

このページの先頭へ