main関数

 前回、以下のようなプログラムを書きました。

#include <stdio.h>

int main(int argc, const char * argv[])
{

    // insert code here...
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

 この書式について、もう少し見て行きましょう。

 まずは一番最初の文。

#include <stdio.h>

 この文は、printf()という命令(関数と言います)を呼び出すためにstdio.hを使いますという宣言をしています(includeなので「含める」という意味です)。皆さんがmain関数を記述したファイルは.cもしくは.cppとなっていたかと思いますが、こちらは.hとなっていて、ヘッダファイルと呼びます。違いはあまり気にしなくて大丈夫です。処理の内容を書いていくのが.cファイルだと思って下さい。includeについては、今後の記事で詳細を触れたいと思います。printf()関数を使うためにはstdio.hをincludeする必要があるとだけ覚えて頂ければ構いません。

 さて、今回の主題は、main()関数についてです。このmain()関数は、C言語でプログラムを記述する上で必須の関数となります。main()関数の中({}の中)に処理の内容を書いていかなければ、実行できません。「おまじない」と前回書いたのは、そういう意味合いを込めていたからです。

 また、前回も少し触れたように、書籍やサイトによっては「int main()」となっていたり「void main()」となっているかと思います。こちらは、intだろうとvoidだろうとどちらでも構いません。ただし、int main()とした場合は、必ずmain()の({}の中の)最後に「return 0;」と書いて下さい。intやvoidがどういうことかについても、後の記事で触れたいと思います。今は、そういうものだと思って下さい。

 更に、main()関数の()の中に「argc」や「argv[]」と書いているかと思いますが、こちらは「引数」と呼ばれるものです。基本的には、引数を使わないのであれば、わざわざargcなどは書く必要は無く、

#include <stdio.h>

int main()
{

    // insert code here...
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

 このように書いても構いません。引数についても、後の記事で触れる予定です。こちらも、今は気になさらなくても大丈夫です。

 C言語の処理内容は、main()関数の中に書いていくということを覚えておいて下さい。

■スポンサーリンク

このページの先頭へ