C言語について

 はじめまして!当コンテンツ「C言語入門」では、プログラミング初心者、C言語初心者の方を対象に、C言語を用いたプログラミングの基礎をお伝えしていきます。一緒に勉強していきましょう!

 さて、初回の今回は、C言語そのものに関する説明をしていきます。C言語は、1972年にAT&Tベル研究所のデニス・リッチーが主体となって作ったプログラミング言語です。C言語が生まれる前、「B言語」というプログラミング言語が存在していました。そのB言語を改良したもの、ということでC言語と名付けられました。ちなみに、B言語が生まれる更に前には「ALGOL言語」というプログラミング言語がありました。C言語の「C」は、A・B・Cと進化してきた名残りです。

 C言語は、様々な分野で使われています。C言語はプログラミング初心者が初めて学ぶプログラミング言語として適した言語のひとつで、実際に国家資格の「基本情報技術者」でもC言語のプログラミングが試験問題として出題されています。また、業務用(実際の開発の現場)でも多く用いられており、パソコン用のソフトウェアはもちろんのこと、家電などに組み込まれたソフトウェア、業務用システムなど本当に多岐に渡ります。オペレーティングシステム(OS)であるLinuxもC言語で作られています。LinuxのOSは、いわゆる「オープンソースソフトウェア」で、誰もがその開発に携われます。C言語に慣れて上級者になれれば、Linuxの開発に携わることが出来ます。

 更に、C言語を拡張して作られた言語も沢山あります。業務用のソフトウェアで多く用いられているMicrosoftのC++やC#は、その代表的な言語です。他にも、iPhoneアプリを作るための言語であるObjective-CもC言語をベースとして拡張して作られた言語です。つまり、C++やC#、Objective-Cを使っていく上でC言語を学ぶことは、その基礎を学ぶということになります。拡張されたためにC言語には無い要素なども沢山あるものの、基礎を身につけられるので、拡張言語を使うためにC言語を学ぶことは決して損ではないはずです。

 以上のように、C言語を学ぶことは、今後プログラミングをしていく上で非常に役に立ちます。ぜひ、この「C言語入門」を通して、プログラミングのスキルを学んでいって下さい。

■スポンサーリンク

このページの先頭へ