練習課題:税込価格を求める(改良版)

 入力処理の練習課題として、以前にも作成した税込価格を計算するプログラムを改良しましょう。

 以前の税込価格を求めるプログラムの課題を改変したものを下に書きますので、そのプログラムを作成してみて下さい。

 課題:ある価格の商品の税込価格を表示して下さい。scanf関数で商品価格を入力します。その税込価格をprintf関数で表示して下さい。

 ...

 では、回答の一例を掲載します。

#include <stdio.h>

int main(int argc, const char * argv[])
{
    
    // insert code here...
    int price;      // 価格
    int sum;        // 税込価格
    
    // 価格の設定
    printf("商品価格を入力して下さい。\n");
    scanf("%d", &price);
    
    // 税込価格を計算
    sum = price * 1.05;
    
    // 税込価格を表示
    printf("税込価格は%d円です。\n", sum);
    
    return 0;
}

 実行すると、以下のような内容が出力され、処理が一時ストップします。

商品価格を入力して下さい。

 ここで半角の1500を入力し、エンターを押します。すると、

商品価格を入力して下さい。
1500
税込価格は1575円です。

 このように表示されます。

 Tips:今の状態だけですと、例えば、99円を入力すると計算結果が「103円」を返します。本来なら四捨五入で消費税を計算するべきですが、どうしても切り捨てで計算されてしまいます。四捨五入するための関数は存在していますが、それに関しては、今後の記事で「数学関連の処理」に関する項目を取り扱う予定で、その中で四捨五入の方法をご紹介する予定です。

 入力処理に関する説明は以上となります。今回でC言語講座はちょうど半分です。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。残り半分も楽しんで学習していきましょう!

■スポンサーリンク

このページの先頭へ