C言語入門のサイトへようこそ

はじめに

基本的なプログラム

数値計算と変数・配列

条件分岐型のプログラム

反復型のプログラム

ビット計算

ポインタ

入力処理

関数の作り方と使い方

ライブラリ関数

記憶域クラス指定

構造体

ファイル処理

応用課題

管理人

 

当サイトの指針

 プログラミング初心者の方が初めてプログラムを学ぶ場合、どのプログラミング言語を選んで学習すれば良いかがわかりにくい、という問題があります。近々に仕事が迫っている等の事情があれば選択しやすいものですが、「将来プログラマーになりたいので勉強したい」「趣味として学んでみたい」といった事情ですと、どうしたらいいかわからなくなるかもしれません。当サイトでは、プログラミング初心者の方が学ぶプログラミング言語としておすすめな言語のひとつとしてC言語をご紹介します。

 C言語は、1972年にAT&T;ベル研究所のデニス・リッチーが主体となって作ったプログラミング言語です。昔からある言語ですが、現在でも、Linux等のオペレーティングシステム(OS)や組み込み機器で多く用いられている言語です。また、国家資格の「基本情報技術者」でもC言語のプログラミングが試験問題として出題されているほど、ポピュラーなプログラミング言語です。そして、C++やC#、iPhoneアプリを制作するための言語であるObjective-Cといった言語は、C言語を拡張した言語です。C言語を学べば、Objective-Cがわかりやすくなり、ご自身でiPhoneアプリを制作できるかもしれません。C言語を学んでおいて損はありません。

 C言語を他のプログラミング言語と比較すると、やや簡素ではありますが、その分、初心者にとって学びやすい言語だと言えます。以上の点から、プログラミング初心者が最初に学ぶ言語としてC言語をおすすめします。当サイトでは、C言語を初めて学ぶ方向けに、プログラマー経験の長い筆者がC言語プログラミングの基礎をお伝えします。

 しかし、既に学んだことのある方にとっては「ポインタ」や「構造体」といったC言語独自の概念が非常にわかりにくく、挫折してしまった方もいらっしゃるかもしれません。そのような方々が再度学ぶ上でも、もう挫折させないよう、当サイトの記事では「わかりやすさ」をモットーに、C言語を解説していきます。

 ほとんどの記事にはサンプルのプログラムのソースコードを掲載しています。そのソースコードを用いることで、学んだことを、すぐにでも実行できます。ぜひ、ご活用いただき、C言語がどのような言語であるかを、ゆっくりでいいので理解していっていただければ幸いです。

■スポンサーリンク

このページの先頭へ